【関西世紀末武闘会RB】11月回のリザルト!【アテナ北斗段位戦】

Pocket

アテナ日本橋のAC北斗行事にご参加いただきまして、ありがとうございます。
今月の世紀末武闘会ランバトとアテナ北斗段位戦のレポートです。

次回の関西世紀末武闘会RBは12月3日、次回のアテナ北斗段位戦は12月17日です。

201610_athena_result

関西世紀末武闘会RB2016-2017の結果

11月5日開催の今大会の優勝はコエマサ選手、準優勝はしゅー選手でした。
しゅー選手は合計17ポイントで3位に浮上し、コエマサ選手は16ポイントでふらっと選手と同じ4位にまで浮上しています。

関西世紀末武闘会RB2016-2017 大会ハイライト

実験的にGIFアニメーションを掲載しております。
アニメーションが再生されない場合は、ページを更新してみて下さい。

しる(サウザー) vs RCK(トキ)

1ラウンド目のファーストタッチを取るも、RCK選手の2A暴れ…サウザーにとって辛く苦い選択肢で呼吸を乱されます。

しる選手の2A暴れ潰しとセッカッコー対策が唸る!

しる選手の2A暴れ潰しとセッカッコー対策が唸る!

仕切り直し状況にまで戻したRCK選手、2Cでしる選手からダウンを取ります。このまま一気に押し込むかと思いきや、起き攻めをディレイスタンディング初段ガーキャンされてしまいます。RCK選手は画面端でダウンしてしまい、しる選手のターンへ。

RCK選手のオラガ2A暴れに、見事な遠Dでお仕置きするしる選手!!
続くしる選手のボーナスターンでは、高めバクセイでRCK選手のリバサセッカッコーを潰します。そのままRCK選手のトキは気絶状態に突入…しる選手が1ラウンドを先取しました。この試合はその後1-1の最終ラウンドまでもつれましたが、着地したトキとの間合いを見切ったしる選手の2Bが相手の着地後の通常技を潰し、しる選手の勝利となりました。

トーテム(レイ) vs しゅー(トキ)

決定的瞬間は、1ラウンド目です。
しゅー選手のハイジャンプ行動に対して空中ダッシュを選んでしまったこと…。
結果的に言えば、この行動が勝敗の分水嶺になりました。

ハイジャンプしてきたトキの軌道は、真下(降りナギ)かJDを入れ込んで持続技で突っ込んでくる2択が多いぞ!レイ側は地対空を取るか潜るか、壁ジャンプで無視しよう!

ハイジャンプしてきたトキの軌道は、真下(降りナギ)か、JDを入れ込んで持続技で突っ込んでくる2択が多いぞ! 対するレイ側は地対空を取るか、ダッシュで潜るか、降りナギの着地地点を読んで2Bを置いておくと◯!一番安全率が高いのは壁ジャンプで空中に逃げることだ!

一度ダウンを取ったしゅー選手は、その後リバサ強昇竜潰しを一貫して狙います。

リバサ強昇竜漏れ近Cを警戒して起き攻めに空中当身を選択するしゅー選手と、ガードを選んだトーテム選手

リバサ強昇竜漏れ近Cを警戒して起き攻めに空中当身を選択するしゅー選手と、ガードを選んだトーテム選手

二度目の背面起き攻めでは、前ジャンプ降りナギを選択することで、トーテム選手がリバサ強昇竜を選んだ際に2Cを漏れさせるように操作!このままラウンドを取られてしまった。

二度目の背面起き攻めでは、前ジャンプ降りナギを選択することで、トーテム選手がリバサ強昇竜を選んだ際に2Cを漏れさせるように操作!このままラウンドを取られてしまった。

勝ちパターン状況で1ラウンド目を取ったしゅー選手は、次のラウンドも読み勝ち、トーテム選手を下しました。

ローション勢(トキ) vs キョン(トキ)

よく二人で野試合していますが、大会試合、、、結果はどうなるのか? 1ラウンド目のファーストタッチです。
開幕Bナギを選んだローション勢選手。Bナギから2Aまで入れ込む強い選択肢でしたが、キョン選手はこれを開幕バクステで躱します。キョン選手のバクステを確認してすぐさま2C or 2Dを押す様子が画面に映っていますが、2Aを空振った分のフレーム差が致命的でした。ローション勢選手の攻めをキョン選手が遠Bで反撃します。

開幕Bナギ2A行動vs開幕バクステがかち合う瞬間、ここがもしバクステ確認2Dだったら試合はローション勢選手の優勢だっただろう・・・動体視力が求められる開幕であった。

開幕Bナギ2A行動vs開幕バクステがかち合う瞬間。ここでもしバクステ確認2Dが出来れば、試合はローション勢選手の優勢だったかもしれない…動体視力が強く求められる開幕であった。

そして2ラウンド目。ローション勢選手はブースト1本、オーラ0.7本で画面端に追い込まれてしまいます。咄嗟にブー上段当身を選択したのか?立ちブーストが漏れており、そこにキョン選手のJDが当たり、これが試合の決め手となりました。

 

athena_danisen_result

ハイライト1 さだお選手・6段フィニッシュ

名古屋のトキ使い・さだお選手がアテナ北斗段位戦史上初の6段に昇格しました!
次に昇格できれば、とうとう初の漢字段位です。果たしてどうなるのか。

ハイライト2 旨み選手・4段フィニッシュ

今回が初エントリーの旨みラオウ。17時~20時のたった3時間で、種籾から一気に位を5つあげて、4段±0でFINISHしました。
久しぶりの北斗ですが、それでも2010年以降のプレイヤーに圧倒的な強さをみせつけた怒涛の昇格道となりました。
来年3月の世紀末武闘会への参戦も考えているそうで、今後の本格的復帰が期待されます。

第5回 アテナ北斗段位戦 総評

前回好成績で終えた選手達が、1段かモヒカン段位まで落とされてしまった第5回目でした。
一度落ちた選手陣は第6回で2段または3段へ上がることが出来るのか?
そしてとうとう、とうとう漢字段位保有者が現れるのか?

一ヶ月後の各選手の仕上がり具合が結果に反映されると思います。

さてさて、最初に最高段位の救世主へ到達するプレイヤーは誰なのか!?
次回のアテナ北斗段位戦は12月17日(土曜日)です。
宜しくお願い致します。

 

Pocket